石炭のタイプ(読み)せきたんのタイプ(英語表記)type of coal

岩石学辞典の解説

石炭のタイプ

石炭の構成成分やその含有比率などによって分けられる石炭の性質や種類を示す用語.最初は泥炭が形成される物質の状態に関すること,および初期の生化学作用の状態に関することであった.これに対してランク(rank)はその後の続成作用によって決められた.その後,アンスラキシロン(anthraxylon)と不透明物質の比率に従って限定した結果,縞状石炭は三種類:輝炭(bright coal),強熱を出して燃え灰分が多い裂炭(splint coal),半裂炭(semisplint coal),および縞状でない石炭には二種類:燭炭(cannel coal)とボクヘッド石炭(boghead coal),が含まれている[White : 1909, CNRS : 1963].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android