コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泥炭 でいたん peat

翻訳|peat

8件 の用語解説(泥炭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泥炭
でいたん
peat

ピート,草炭ともいう。沼沢地や湿地に生育した樹木,草本,コケ類などの植物が,嫌気性の環境下に蓄積し,ある程度の分解や炭化によって黒褐色になったもの。燃料や固形肥料の原料として用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

泥炭

樹木やコケなど植物の残骸(ざんがい)が、湿地や凍土に覆われて腐食せずに炭化し、数千年以上かけて積み重なってできた層。日本では尾瀬やサロベツなどに広がる。世界の陸地面積の約3%を占め、世界で化石燃料を使うことで排出されるCO2の量の70年分に匹敵する量の炭素を地中に封じ込めているとされる。シベリアなどの極地では温暖化が進むにつれて凍土が溶け、泥炭の分解が進んでCO2が大量に放出されることも心配されている。

(2007-10-07 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

でい‐たん【泥炭】

湿地や浅い沼に生える水生植物やコケ類が枯死・堆積(たいせき)して、ある程度分解し炭化作用を受けたもの。褐色で、水分を含む。ピート

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

泥炭【でいたん】

ピートとも。湿地や浅沼に植物遺体が厚く堆積しある程度生化学的分解を受けたもの。石炭生成の第一段階。黄褐色または褐色を呈し,ふつうそれを構成する原植物の組成を肉眼的に識別し得る。
→関連項目石炭泥炭地フィンランドミズゴケ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

岩石学辞典の解説

泥炭

腐植土に富む草および草の根の下の表面層,あるいは泥炭[Tomkeieff : 1954].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

でいたん【泥炭 peat】

沼沢地や湖沼などの湿原植物の繁茂する湿地に集積した分解不完全な植物遺体の堆積物。ピートあるいは草炭などとよばれることもある。水で飽和されて酸素不足となった条件下では地中動物や微生物の活動が抑制されるため,植物遺体の分解が完全には進まず,まだ植物の組織が肉眼で識別できる程度に腐朽した黄褐色ないし暗褐色の植物遺体が集積する。この過程を泥炭集積作用peat accumulationといい,一般に排水後なお20cm以上の泥炭層を有する土地を泥炭地peat landという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

でいたん【泥炭】

水生植物や苔類などの遺体が堆積し、酸素の乏しい条件のもとで不十分な分解を受けた土塊状のもの。多量の水分を含むため、乾燥しなければ燃焼しない。ピート。すくも。 → 草炭そうたん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泥炭
でいたん
peat

草炭(そうたん)ともよばれ、JIS(ジス)(日本工業規格)では、水生植物、コケ類、湿地帯の草類が堆積(たいせき)し、生化学的変化を地表近くで受けて生成したものをいい、北海道、シベリアなど極寒地で微生物活動期間の比較的短いような地帯に多い。木材と褐炭の中間に位置する。普通は石炭に分類しない。炭層の上層から下層へ移るにしたがって草根樹皮などを含む黄褐色の多孔質から黒褐色泥状のものとなる。多量の水分を含んでいるが乾燥すれば燃料となる。ウシなどの飼料製造原料としての用途もある。[大内公耳・荒牧寿弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の泥炭の言及

【湿原】より

…欧米では湿原に対して細分された語が発達しており,日本の湿原という総称に対応する語はない。湿原は泥炭(ピートpeat)ができているかどうかで,沼沢湿原marsh,swampと泥炭湿原mireに大別される。 沼沢湿原は,湖沼の岸や河川の排水の悪い氾濫(はんらん)原などにみられ,栄養物質に富んだ水に涵養(かんよう)され,泥炭は集積しない。…

【土壌型】より

…地衣類やコケ類からなる貧弱な植生のためA層の発達が悪く,夏季に融解する氷は下部に存在する永久凍土層によって排水が妨げられるためグライ化作用が進行する。またツンドラ・グライ土では凍結と融解による土層のかくらん現象(クリオタベーションcryoturbation)が活発なため泥炭の集積はあまり生じない。(2)亜寒帯針葉樹林帯の土壌型 湿潤寒冷気候帯の北方針葉樹林(タイガ)に典型的に発達している土壌型はポドゾルである。…

※「泥炭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

泥炭の関連キーワード湿原沼沢湿地草原黒沢湿原ビル湿原沼沢地石灰湿原泥炭田代平田代山湿原

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

泥炭の関連情報