コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燭炭 しょくたん cannel coal

翻訳|cannel coal

1件 の用語解説(燭炭の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

燭炭

石炭についてのスコットランドの古い鉱山用語で,油性の強い硬く緻密な石炭で,蝋燭(ろうそく)(candle)のようにすぐ燃えて容易に明るくなり,一定に燃える.胞子(spore)を含む腐泥質石炭(sapropelic coal)で,藻を含む腐泥質(sapropelic)なボグヘッド炭(boghead coal)とは異なる[Sinclair : 1793, CNRS : 1963, ランダムハウス : 1994].スコットランド語でcannelまたはconnelは蝋燭(candle)の意味.カンデライト(candelite)[Gümbel : 1883],ランタン炭(lantern coal)[Tomkeieff : 1954].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

燭炭の関連キーワードスコットランドヤードスコッチツイード蘇格蘭スコット記念碑ゼットランド諸島裂炭ボトル岩アバケーンスコットランド風

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone