コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輝炭 きたんglance coal

岩石学辞典の解説

輝炭

(1) 褐炭brown coal)の黒いもの.英国で褐炭は泥炭(peat)と褐炭(lignite)の中間の石炭.(2) 特に無煙炭(anthracite).(3) 輝炭(bright coal).などに用いられる[Tomkeieff : 1954].ドイツ語のGlanz Kohleは光沢のある石炭の意味.

輝炭

高い反射性のある石炭に鉱山で慣習的に用いた語で,ストープス(Stopes)によって反射光が一方向のヴィトレイン(vitrain)と,反射によって光が分散するデュレイン(durain)とに分けられた[Tomkeieff : 1954].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輝炭
きたん
bright coal

肉眼で石炭を観察すると、層状に明るく輝きの強い部分と煤(すす)状で輝きのない部分とが混在していることがある。前者の輝度の高い均一な組成に見える部分を輝炭といい、輝度の低い部分を暗炭という。一般的に輝炭は暗炭に比べて鉱物質が少ない。石炭組織成分としては、ビトリニット類が多い。
 輝炭、暗炭の区別のほかに、細いレンズ状あるいは層状に点在する灰色の部分が見られるが、この部分を木質炭母(あるいは単に炭母)という。[大内公耳・荒牧寿弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の輝炭の言及

【石炭】より

…それらは石炭化の進行につれて分解,変成が進み,全体が均一になっていく。石炭化度が最も高い無煙炭になると,肉眼的にはほぼ一様な光沢をもって見えるが,それより石炭化度の低いものは,肉眼でも光沢のある〈輝炭〉の部分と光沢のない〈暗炭〉の部分とが,層をなしているのが見分けられる。これがごく細かく重なり合っている場合,どちらが優勢かによって,〈輝炭質縞状炭〉〈暗炭質縞状炭〉という区別をすることもある。…

※「輝炭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

輝炭の関連キーワードビトリニット石炭のタイプクラレインピッチ炭閃炭

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android