コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石馬刀貝/石蟶貝 イシマテガイ

デジタル大辞泉の解説

いし‐まてがい〔‐まてがひ〕【石馬刀貝/石×蟶貝】

イガイ科の二枚貝。海岸の岩やサンゴ塊に穴をあけてすむ。貝殻は円筒形で茶褐色をし、殻長約5センチ。肉は黄白色で、美味。いしわり。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いしまてがい【石馬刀貝】

海産の二枚貝。殻長6センチメートルほどの円柱形で、殻表は黄褐色。砂岩やサンゴ塊などに穴を開けてすむ。肉は美味。本州中部以南に分布。イシワリ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

石馬刀貝 (イシマテガイ)

学名:Lithophaga curta
動物。イガイ科の二枚貝

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

石馬刀貝/石蟶貝の関連キーワードイシワリ黄褐色砂岩海産分布

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android