コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂粒かぞえ さりゅうかぞえThe Sand Reckoner

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

砂粒かぞえ
さりゅうかぞえ
The Sand Reckoner

砂計算ともいう。アルキメデスが,シラクサの王ヒエロンの長子ゲロンにあてて書いた小論文で,数の「並び」や「繰返し」の考えを用いて,天文学的に大きい数値の記数法を含めて,砂粒の計算法を詳しく説いたものである。実際には,ケシの種に 1000粒の砂が入ると仮定して,地球と恒星の間の距離を半径とする球の中に,幾粒の砂が充満するかを算出しようとする問題であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android