けし(読み)ケシ

デジタル大辞泉「けし」の解説

け・し

[接尾]形容詞ク型活用》体言に付いて、…の性質をおびる、…のようすである、などの意を表す。「―・し」「さや―・し」「のど―・し」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「けし」の解説

け・し

〘接尾〙 体言などに付いてク活用の形容詞を作り、その性質や状態を表わす。「露(つゆ)けし」「のどけし」「さやけし」「あきらけし」など。

けし

感動〙 犬などをけしかける声。
菟玖波集(1356)雑体「我が心菜種ばかり成りにけり 人くひ犬をけしといはれて〈西音〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android