けし

大辞林 第三版の解説

けし

( 接尾 )
〔形容詞型活用〕
体言などに付いて、そういう性質・状態にある意を表す。 「見奉る人さへ露-・き秋なり/源氏 桐壺」 「のど-・し」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

け・し

[接尾]《形容詞ク型活用》体言に付いて、…の性質をおびる、…のようすである、などの意を表す。「露―・し」「明(さや)―・し」「のど―・し」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

けしの関連情報