コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫酸滓 りゅうさんさい

百科事典マイペディアの解説

硫酸滓【りゅうさんさい】

硫化鉄鉱を焙焼(ばいしょう)して生じる亜硫酸ガスを硫酸製造に用いた後の焼滓。硫酸焼鉱とも。鉄分54〜57%を含み焼結して製鉄原料とする。硫化鉄鉱の多い日本では重要な製鉄原料の一つだった。
→関連項目硫化鉄鉱

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

硫酸滓の関連キーワード硫酸スラッジ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android