コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫酸滓 りゅうさんさい

百科事典マイペディアの解説

硫酸滓【りゅうさんさい】

硫化鉄鉱を焙焼(ばいしょう)して生じる亜硫酸ガスを硫酸製造に用いた後の焼滓。硫酸焼鉱とも。鉄分54〜57%を含み焼結して製鉄原料とする。硫化鉄鉱の多い日本では重要な製鉄原料の一つだった。
→関連項目硫化鉄鉱

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

硫酸滓の関連キーワード硫酸スラッジ

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android