コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫化鉄鉱 りゅうかてっこうiron sulfide

5件 の用語解説(硫化鉄鉱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫化鉄鉱
りゅうかてっこう
iron sulfide

鉱物名としては,鉄の硫化鉱物すなわち黄鉄鉱,白鉄鉱,グレーグ鉱,スミス鉱,マッキナー鉱,磁硫鉄鉱,トロイライトなどの総称。鉱石名としては,硫黄や硫酸原料 (ときに鉄原料) として採掘される硫化鉄鉱物の総称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りゅうか‐てっこう〔リウクワテツクワウ〕【硫化鉄鉱】

硫化鉄主成分とする鉱物の総称。黄鉄鉱白鉄鉱磁硫鉄鉱などがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

硫化鉄鉱【りゅうかてっこう】

鉄の硫化鉱物の総称。最も多いのは黄鉄鉱,磁硫鉄鉱で,焙焼(ばいしょう)して硫酸製造に用い,その残りは硫酸滓(さい)。日本は硫化鉄鉱資源に恵まれ,種々の型の鉱床が全国に分布していた。
→関連項目磁硫鉄鉱

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうかてっこう【硫化鉄鉱 iron sulfide ore】

主として黄鉄鉱FeS2白鉄鉱FeS2または磁硫鉄鉱Fe1-xSなどの硫化鉄鉱物からなる鉱石で,塊状鉱として天然に産するもの以外に,銅,鉛,亜鉛などの鉱石を浮選にかけた場合に副産物として生産される粉状の硫化鉄鉱物からなる精鉱も硫化鉄鉱と呼ばれる。硫化鉄鉱は焙焼して硫酸を取り出すのに利用される。天然に硫化鉄鉱を産する鉱床としては,キースラーガーkieslager(層状含銅硫化鉄鉱床),黒鉱鉱床キプロス塊状硫化物鉱床陸上火山噴気型硫黄‐硫化鉄鉱床などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硫化鉄鉱
りゅうかてっこう
iron sulphide

硫化鉄の鉱物の総称。現在までに知られているものは、黄鉄鉱(FeS2)、白鉄鉱(FeS2)、グリグ鉱(Fe2+Fe3+2S4)、スマイス鉱(Fe9S11)、磁硫鉄鉱(~Fe7S8)、トロイリ鉱(FeS)、マッキノー鉱(~FeS1-X)などがある。いずれも焙焼(ばいしょう)して硫黄(いおう)を除去したのち、鉄鉱石として用いられることがある。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

硫化鉄鉱の関連情報