コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁性ナノ粒子 ジセイナノリュウシ

デジタル大辞泉の解説

じせい‐ナノりゅうし〔‐リフシ〕【磁性ナノ粒子】

ナノメートルから数十ナノメートル程度の大きさの磁性をもつ粒子。磁気記憶装置の高密度化が可能なほか、医療分野においては交流磁場の下で発熱する性質を利用し、がん細胞を熱で死滅させる温熱療法の研究が進められている。ナノ粒子磁性体磁性体ナノ粒子

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android