コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気単極 じきたんきょくmagnetic monopole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気単極
じきたんきょく
magnetic monopole

磁気モノポールともいう。単一磁極,すちわち N極または S極のいずれか一方のみをもつ仮説的な物質要素。マクスウェルの電磁気理論では磁極は常に N極と S極の対,すなわち磁気双極子から成り立っている。1931年 P.A.M.ディラックは量子力学的考察から強さ ℏc/2e の磁気素量をもつ磁気単極の存在を予想した。ただし ℏ=h/2πで,h はプランク定数,c は真空中の光速度,e は電気素量である。しかし実験的にはその存在は確認されていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

磁気単極の関連キーワードインフレーション理論高エネルギー物理学磁気モーメントプランク定数大統一理論磁気単極子素粒子論磁束密度磁気量光速度

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android