コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気単極 じきたんきょくmagnetic monopole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気単極
じきたんきょく
magnetic monopole

磁気モノポールともいう。単一磁極,すちわち N極または S極のいずれか一方のみをもつ仮説的な物質要素。マクスウェル電磁気理論では磁極は常に N極と S極の対,すなわち磁気双極子から成り立っている。1931年 P.A.M.ディラック量子力学的考察から強さ ℏc/2e の磁気素量をもつ磁気単極の存在を予想した。ただし ℏ=h/2πで,h はプランク定数,c は真空中の光速度,e電気素量である。しかし実験的にはその存在は確認されていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報