コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気素量(読み)でんきそりょう(英語表記)elementary electric charge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電気素量
でんきそりょう
elementary electric charge

電荷ともいう。電気量量子を表わす普遍定数。記号は e原子定数の1種。値を次に示す。
すべての電気量は e の整数倍 (正または負) である。電子,陽子など荷電素粒子の電荷絶対値は電気素量に等しい。素粒子論では電荷 e/3 をもつ粒子クォークが仮定されていたが,1994年にはその存在が実験的に確認された。ファラデーの電気分解の法則が電気量に原子的な素量が存在することを示唆しているのに G.J.ストーニーが初めて気づいたのは法則の発見後 50年たってからであった。そして 1909年の R.A.ミリカン油滴実験によって電子やイオン1個がもつ電気素量の存在とその値が初めて確認,測定された。 e の値は現在では原子定数の多くの測定値から算出されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

電気素量【でんきそりょう】

素電荷とも。電気量の最小単位。すべての電気量は電気素量の正または負の整数倍に等しい。電子,陽子など荷電素粒子の電荷の絶対値に相当。記号e。1.6021773クーロンまたは4.803207×10(-/)1(0/)CGS静電単位。しかし素粒子のさらに基本的構成単位であるクォークの存在を仮定する最近の素粒子論では,クォークの電荷はe/3ないし2e/3(正負とも)でありうるとしているが,単独のクォークは観測されていないので,電気素量eのままでよいことになる。→電子ミリカン
→関連項目ストーニー定数電荷普遍定数

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

でんきそりょう【電気素量 elementary electric charge】

実験で発見されている素粒子がもつ電荷(電気量)は,0,±e,±2eのごとく,最小単位eの整数倍の値に限られている。ここでeは電子の電荷の絶対値を表し, e=1.602177×10-19C  =4.803201×10-10esuである。このeを電気素量という。電子の電荷の測定としては,油滴を用いたミリカンの実験(ミリカンの油滴実験ともいう)が有名である。この実験はアメリカの物理学者R.A.ミリカンが1909年から始めたもので,微小な油滴が空気中を運動するとき,油滴に働く力と空気の粘性力のつりあいにより,油滴が一定速度で動くことを利用する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

でんきそりょう【電気素量】

観測される電気量の最小単位。陽子あるいは電子のもつ電気量の絶対値。その値は 1.60218×10-19 C(クーロン)。すべての帯電体のもつ電気量はこの量の整数倍である。記号 e  素電荷。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報