磁極(読み)じきょく(英語表記)magnetic pole

  • 磁極 magnetic poles

翻訳|magnetic pole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁石粉をかけると磁石の両端によく付着するが,この鉄粉を吸引する力の原動力とみられる部分を磁石の磁という。磁石は必ず1対の磁極をもち,単独で存在する磁極 (磁気単極 ) は見出されていない。磁石を糸で水平につるしたとき,を向く磁極を北極N極,または正極,を向く磁極を南極S極,または負極と名づける。これは地球が1つの磁石であり磁場を有するために起る。異種の極間には引力同種の極間には斥力が働くから,地球自身は北のほうの極がS極,南のほうがN極となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

磁石の、鉄を引きつける性能の最も強いところ。それぞれ正極負極といい、地球磁場では北に引かれるほうをN(正)極、南に引かれるほうをS()極とする。同じ極どうしは反発し、異なる極どうしは引き合う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

(1)磁石の両端,つまり鉄粉などを引きつける力が特に強い個所。地球磁場の中で北に引かれる磁極をN極(+極)といい,南に引かれる磁極をS極(−極)といい,同種の極どうしは反発し,異種の極どうしはひきあう。一つの物体の磁極は必ず正負1対になって現れるものとされていたが,最近,+または−の磁極のみをもつ磁気単極子の存在が新たに議論されている。(2)地球の磁極。磁石針が垂直(磁力線伏角が0°)となる地点を伏角点あるいは北磁極,南磁極とよび,その位置は一定範囲内で日変化,年変化,永年変化をする。北極では北緯76°,東経100°,南極では南緯65.5°,東経139°付近にある。
→関連項目地球磁場地磁気

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

(1)磁石の端にあって,もっとも鉄をよく引き付ける場所。磁極と磁極の間に働く力(磁気力)はクーロンの法則によって与えられるが,この磁気力の大きさから磁荷(磁気量)の単位が定まり,SI単位系ではウェーバーWbである。磁極にはN極(+極)とS極(-極)とがあり,同種の極どうしは反発し,異種の極どうしは引き合う。磁針にしたとき,北を指すほうにあるのがN極である。磁力線はN極からわき出して,S極に吸い込まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一般に磁石がもっとも強く鉄を引きつける場所のこと。磁性体は残留磁化をもつことができ、とくに磁化の強いものは磁石になる。棒状の磁石に磁針を近づけると、一方の向きなら引きあい、反対の向きにすると反発しあう。磁針のN極が引きあう磁石の先をS極、反発しあう先をN極とする。「磁化」とはS極からN極へ向けて微小領域の磁気モーメントが並んだ状態と考えることができる。

[河野 長]

地球の磁極

地球の表面での地磁気の方向を調べると、鉛直上向きになる所と鉛直下向きになる所が1か所ずつあり、それぞれ北磁極(2000年には北緯81.3度、西経110.8度)、南磁極(同、南緯64.7度、東経138.0度)とよばれる。一方、地球磁場を全体としてみると双極子型の磁場成分が非常に大きい。そこで、これらの磁極とは別に、地球磁場をもっともよく近似する地球中心にある双極子を計算で求め、その軸を延長したとき表面と交わる2点を地磁気北極および地磁気南極という(2005年の極の位置は北緯79.7度、西経71.8度と南緯79.7度、東経108.2度)。定義から明らかなように、二つの地磁気極を結ぶ直線は地球の中心を通るが、北磁極と南磁極の間にはそういう関係はない。

[河野 長]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 磁石の両端の、磁気力が最も強いところ。地球磁場の中で、北に引かれる方をN(正)極、南に引かれる方をS(負)極という。同種の極どうしは反撥しあい、異種の極どうしは引きあう。両極の間にはクーロンの法則に従う力が働く。〔電気訳語集(1893)〕
② 地球磁場のわき出し地点。地理学的な北極の近くにある極を北磁極、南極の近くにある極を南磁極という。それぞれ地理学的な極より一五度および二四度それている。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

磁石の両端は鉄粉を引きつける力がとくに強いので,ここに磁気量が集中しているように思われる.この部分を磁極とよぶ.磁極には正および負の種類があり,地球上で北のほうに引かれるものは正の極または北極,南のほうに引かれるものは負の極または南極という.磁極の強さは磁気量である.正および負の磁気量は単独では存在することができないので,磁石には必ず正および負の磁極が存在し,それらの絶対値は互いに等しい.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の磁極の言及

【磁石】より

…磁極をもつ物体のこと。広くはこれと同様な磁場を作り出す装置も含める。…

【地磁気】より

… 地理的な北極や南極は地磁気の極とは一致しない。自転軸が地表と交わる点が地理的極であるのに対して,伏角が90度になる点,つまり小磁石が垂直に立つ点を磁極といい,南北両半球についてそれぞれ南磁極,北磁極と呼んでいる。これに対して,想定した仮想的棒磁石の軸が地表と交わる点が地磁気極で,それぞれ地磁気北極,地磁気南極と呼んでいる。…

※「磁極」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

磁極の関連情報