コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯田湖龍斎 いそだこりゅうさい

1件 の用語解説(磯田湖龍斎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磯田湖龍斎
いそだこりゅうさい

江戸時代中期の浮世絵師。 18世紀後半に活躍。名は正勝。初め春広の名で鈴木春信風の美人画を描き,のち湖龍斎と号した。柱絵作家としても有名。法橋に昇叙。主要作品『雛形若菜の初模様』 (1776~82頃) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

磯田湖龍斎の関連情報