コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯田湖龍斎 いそだこりゅうさい

1件 の用語解説(磯田湖龍斎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磯田湖龍斎
いそだこりゅうさい

江戸時代中期の浮世絵師。 18世紀後半に活躍。名は正勝。初め春広の名で鈴木春信風の美人画を描き,のち湖龍斎と号した。柱絵作家としても有名。法橋に昇叙。主要作品『雛形若菜の初模様』 (1776~82頃) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磯田湖龍斎の関連キーワード籟堂大森善清珠雀斎詮茂東燕斎寛志蟠竜軒藤田秀素万月堂泰川重利吉川盛信

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

磯田湖龍斎の関連情報