コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会福祉制度 しゃかいふくしせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会福祉制度
しゃかいふくしせいど

身体障害,知的障害,老齢,母子家庭など生活を営むうえでの社会的なハンディキャップを要保障事故としてとらえ,それに対し厚生あるいは育成の施療,施設への収容,居宅看護など,おもに非金銭的な給付 (サービス) を与えることにより,そのハンディキャップを軽減することを目的とする制度。日本国憲法 25条2項は「国は,すべての生活部面について,社会福祉社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」と規定しているが,この社会福祉の内容について,社会保障制度審議会が 1962年に出した勧告 (いわゆる第2次勧告) によれば,「社会福祉は,社会保障のなかで社会保険によってカバーされずに貧困に落込む公算の大きい低所得階層 (ボーダーライン層) に対する防貧対策としての機能を果すもの」として,社会保険と公的扶助の間に位置づけられている。しかし,社会福祉を生活を営むうえでのハンディキャップを克服ないし除去することを目的として考えるとき,その対象を低所得者層に限定する必然性はないといわなければならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

社会福祉制度の関連キーワード社会民主労働党[スウェーデン]スウェーデン社会民主労働者党ビバリー ドノフリオエイズ/HIV感染症ベーシックインカムニュージーランドオーストラリア乞食(こじき)スウェーデン史小野寺 百合子北欧閣僚理事会社会福祉法ビバリッジ北欧審議会イギリス革新党保守党健康瑞典

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社会福祉制度の関連情報