コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祖法 ソホウ

デジタル大辞泉の解説

そ‐ほう〔‐ハフ〕【祖法】

祖先から代々伝わる法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の祖法の言及

【藩法】より

… 各藩でおもな藩法が成立するのは,主として2~4代藩主の時代,すなわち寛文~元禄期(1661‐1704)といわれている。このころ作られた藩法が〈祖法〉とされて,後々まで藩において尊重された。社会的条件の変化,とくに藩財政の窮乏化は,このような祖法の維持を困難にさせ,中・後期には藩の実情に適合するように藩法の改変が行われたが,なお祖法は墨守すべきものとの理念は根強く残存した。…

※「祖法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

祖法の関連キーワード岡山県久米郡久米南町誕生寺(岡山県)島原・天草一揆選択本願念仏集黒谷上人語灯録質流地禁止令法然上人伝絵浄土三部経野崎武吉郎アヘン戦争ラクスマン松平定信大原談義阿部正弘捨閉閣抛圜悟克勤大原問答前田綱紀井伊直弼法然院

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android