通商(読み)ツウショウ

デジタル大辞泉の解説

つう‐しょう〔‐シヤウ〕【通商】

[名](スル)外国と商取引をすること。交易。貿易。「条約を結んで外国と通商する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

通商

正式社名「通商株式会社」。英文社名「TSUSHO CO., Ltd.」。卸売業。昭和37年(1962)「通商建材センター株式会社」設立。同43年(1968)現在の社名に変更。本社は大阪市北区中之島。JKホールディングス子会社の建材販売会社。西日本地盤。工務店などに建材・住宅設備機器を直販。大阪証券取引所第2部旧上場。平成21年(2009)完全子会社化にともない上場廃止。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

大辞林 第三版の解説

つうしょう【通商】

( 名 ) スル
外国と商取引を行うこと。交易。貿易。 「条約を結びて-せんことを請ふ/日本開化小史 卯吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かよい‐あきない かよひあきなひ【通商】

〘名〙 諸所に出向いて商売をすること。また、その人。行商。
※浮世草子・好色一代男(1682)二「小間物やの源介と申て、丹後宮津へ通(カヨ)ひ商(アキナヒ)するものあり」

つう‐しょう ‥シャウ【通商】

〘名〙 外国と互いに交通して商業を営むこと。交易。貿易。
※続日本紀‐和銅六年(713)三月壬午「或雖銭、而情願通商者聴之」
※志都の岩屋講本(1811)上「漂民を送るに言託て通商を請ひなど」 〔春秋左伝‐閔公二年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通商の関連情報