コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤田茂吉 ふじたもきち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤田茂吉
ふじたもきち

[生]嘉永5(1852).6. 豊後
[没]1892.8.19. 東京
明治のジャーナリスト。慶應義塾に学んだのち,1875年『郵便報知新聞』に主筆として入社。『東京日日新聞』の福地源一郎と対峙して民権論,国会開設論を展開,『郵便報知』の紙価を高めた。大隈重信立憲改進党組織を援助し,同党の中堅幹部として活躍,第1回衆議院議員総選挙に当選した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

藤田茂吉【ふじたもきち】

明治の新聞記者,政治家。鳴鶴(めいかく)と号。豊後(ぶんご)国佐伯(さいき)藩士出身。慶応義塾に学び,福沢諭吉に見いだされ1875年報知社に入社,《郵便報知新聞》の主幹として自由民権論陣を張った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤田茂吉 ふじた-もきち

1852-1892 明治時代の新聞記者,政治家。
嘉永(かえい)5年6月25日生まれ。相馬御風(そうま-ぎょふう)は娘婿。「郵便報知新聞」の主幹として,自由民権の立場から「東京日日新聞」の福地桜痴と論戦。明治15年立憲改進党結成にくわわり,23年衆議院議員(当選2回)。明治25年8月19日死去。41歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。慶応義塾卒。旧姓は林。号は鳴鶴。著作に「文明東漸(とうぜん)史」「済民偉業録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふじたもきち【藤田茂吉】

1852‐92(嘉永5‐明治25)
明治時代の新聞記者,政治家。号は鳴鶴(めいかく)。豊後佐伯藩士林家の三男として生まれ,のち姻戚藤田氏を継ぐ。1871年(明治4)上京,慶応義塾で福沢諭吉に認められ,75年《郵便報知新聞》に入り主幹となり,《東京日日新聞》の福地源一郎と論戦し自由民権の立場から国会開設を主張した。のち讒謗律(ざんぼうりつ)・新聞紙条例で弾圧されるが,86年退社まで論説,詩,翻訳で筆を振るう。82年大隈重信の改進党創立にくみする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

藤田茂吉の関連キーワードジャーナリスト高野長英民間雑誌藤田鳴鶴楠文蔚

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android