神の見えざる手(読み)カミノミエザルテ

デジタル大辞泉の解説

かみ‐の‐みえざるて【神の見えざる手】

市場において、各個人の利己的な行動の集積が社会全体の利益をもたらすという調整機能。アダム=スミスが「国富論」で提唱した。見えざる手。→市場原理
[補説]の見えざる手(invisible hand of God)ので用いられることが多いが、「国富論」の原文にはof Godの記述はなく、「見えざる手」のみで使われることもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かみのみえざるて【神の見えざる手】

市場経済の自動調節機構をいう語。経済活動を個々人の私利をめざす行為に任せておけば「神の見えざる手」により社会全体の利益が達成される、というアダム=スミスの経済社会思想を示す語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神の見えざる手の関連情報