集積(読み)しゅうせき

精選版 日本国語大辞典「集積」の解説

しゅう‐せき シフ‥【集積・聚シュウ積】

〘名〙
① 集まって積み重なること。また、そのもの。
※西洋聞見録(1869‐71)〈村田文夫〉前「無数の石柱聚積聳立して以て此洞をなす」
② 集めて積み上げること。集めて貯えること。また、そのもの。
※囚はれたる文芸(1906)〈島村抱月〉「神秘的文芸は、退いて十九世紀が集積したる知識より回避せんと欲す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「集積」の解説

しゅう‐せき〔シフ‐〕【集積】

[名](スル)集めて積み上げること。また、集まって積み重なること。「滞貨を集積する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android