集積(読み)しゅうせき

精選版 日本国語大辞典「集積」の解説

しゅう‐せき シフ‥【集積・聚シュウ積】

〘名〙
① 集まって積み重なること。また、そのもの。
※西洋聞見録(1869‐71)〈村田文夫〉前「無数の石柱聚積聳立して以て此洞をなす」
② 集めて積み上げること。集めて貯えること。また、そのもの。
※囚はれたる文芸(1906)〈島村抱月〉「神秘的文芸は、退いて十九世紀が集積したる知識より回避せんと欲す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「集積」の解説

しゅう‐せき〔シフ‐〕【集積】

[名](スル)集めて積み上げること。また、集まって積み重なること。「滞貨を集積する」
[類語]堆積溜める集める蓄える貯蔵蓄積蓄蔵貯留結集集合集結糾合集中集散凝集密集蝟集いしゅう群集離合拡散分散四散散開飛散雲散離散霧散散逸雲散霧消

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android