コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市場原理 シジョウゲンリ

デジタル大辞泉の解説

しじょう‐げんり〔シヂヤウ‐〕【市場原理】

市場がさまざまな過不足やアンバランスを自ら調整し最適化する仕組みや機能。商品の価格、需要と供給、労働市場などさまざまな場面で、多くの市場参加者が自己利益を追求することで働くとされる。神の見えざる手。見えざる。→神の見えざる手

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

市場原理の関連キーワード主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律米国の医療費と医療保険改革新しい食料・農業・農村政策1996年アメリカ農業法ワシントン・コンセンサスワシントンコンセンサス中国の大学入試と運営エネルギー政策基本法シンジケート・ローン「シッコSiCKO」エネルギー基本計画国民医療推進協議会エネルギー憲章条約不均等発展の法則インド経済自由化中国の改革・開放ラボップ・マイ集権的計画経済全体主義経済学ユーラシア外交

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市場原理の関連情報