コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神の顕現 かみのけんげんtheophany

翻訳|theophany

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神の顕現
かみのけんげん
theophany

ギリシア語に由来する言葉で,神が一時的に見える形で現れることをいう。類似の言葉として epiphanyがある。テオファニーは一般には神の顕現として使われるが,キリスト教では,キリストの受肉とは区別される。テオファニーが一時的な神の現れをいうのに対し,受肉はキリストの全人間性における神の受肉をさした永続的なものである。また幼児キリストのキリスト教徒に対する最初の顕示を祝する,キリスト教会の三大祝祭の一つをエピファニーというが,ギリシア正教会ではこれをテオファニーといい,ともに1月6日に行われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

神の顕現の関連キーワードトリムールティクロッホマール出エジプト記サベリウス国体の本義ギリシア語シダモ諸族吉田神道自然美流出説

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android