コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受肉 ジュニク

百科事典マイペディアの解説

受肉【じゅにく】

英語インカネーションincarnation(ラテン語incarnareに由来)などの訳で,〈化肉〉〈托身〉とも。神の子たるキリストが人類の救済のためにイエスという人の肉体をまとって出現したことをいうキリスト教の根本教義。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅにく【受肉 Incarnation】

託身〉ともいう。《ヨハネによる福音書》1章14節の〈言(ことば)(ロゴス)は肉となってわれらの内にやどった〉の句に由来し,神が人間となって救いをなしとげたとするキリスト教の根本教義。しかしこれはまったくの逆説であるため,その理解をめぐって多くの論争がなされた。グノーシス派によれば,これは人間が肉の中に隠れた神性を発見することにほかならず,それゆえ肉体は霊魂の仮の宿にすぎないとされる。これを〈仮現説docetism〉という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅにく【受肉】

キリスト教の根本教義の一。三位一体の神の位格(ペルソナ)の一つである神の子がキリストとして、人間となって現れること。霊が肉に結合すること。託身。インカルナチオ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

受肉
じゅにく

インカルナチオ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

受肉
じゅにく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の受肉の言及

【キリスト教】より

…キリスト教は〈愛の宗教〉と呼ばれ,実際に〈神は愛である〉(《ヨハネの第1の手紙》4:16)と宣言するが,この愛の原型は十字架につけられたキリストである。さらに十字架は,受肉(托身),三位一体など,キリスト教の中心的な神秘を予想し,復活の信仰と結びつく。キリスト信者とは自分の十字架を担ってキリストに従う者にほかならない。…

【肉】より

… 肉と霊,肉体と精神の二元論は宗教が成立する基盤である。イエスの生誕を〈受肉〉と言うキリスト教のカトリックの教義には七つの秘跡(サクラメント)があり,その一つが聖体または聖餐の秘跡である。別名〈肉と血の秘跡〉で,信者がキリストの肉と血を象徴するパンとブドウ酒を受けることをいい,新約聖書にあるように,キリストが〈最後の晩餐〉のときにこれを定めたとされる。…

※「受肉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

受肉の関連キーワードフーゴー(サン・ビクトールのフーゴー)テオドロス[モプスエスティアの]サンタ・マリア・マッジョーレ教会スンマ・コントラ・ゲンティレステオドロス[モプスエスティア]ニコラウス・クザーヌスイザヤの殉教と昇天アタナシウス信条アハレ・ハック派マッキントッシュモナルキアニズムロキ・コンムネスキリストの先在キリストの降誕シェーカー教徒ヒッポリツス知覚の現象学ロスケリヌスカッシアヌスアタナシウス

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android