受肉(読み)ジュニク

  • 受肉 Incarnation

百科事典マイペディアの解説

英語インカネーションincarnation(ラテン語incarnareに由来)などの訳で,〈化肉〉〈托身〉とも。神の子たるキリストが人類の救済のためにイエスという人の肉体をまとって出現したことをいうキリスト教の根本教義。その一回性と逆説がかえって真理たるゆえんだとされる(〈非合理なるがゆえにわれ信ず〉テルトゥリアヌス)。なお,reincarnationとは〈転生〉(輪廻),〈甦り〉のこと。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

託身〉ともいう。《ヨハネによる福音書》1章14節の〈(ことば)(ロゴス)は肉となってわれらの内にやどった〉のに由来し,神が人間となって救いをなしとげたとするキリスト教の根本教義。しかしこれはまったくの逆説であるため,その理解をめぐって多くの論争がなされた。グノーシス派によれば,これは人間が肉の中に隠れた神性を発見することにほかならず,それゆえ肉体は霊魂宿にすぎないとされる。これを〈仮現説docetism〉という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

キリスト教の根本教義の一。三位一体の神の位格(ペルソナ)の一つである神の子がキリストとして、人間となって現れること。霊が肉に結合すること。託身。インカルナチオ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 キリスト教で、神は、父・子・聖霊という三つの位格と、ひとつの実体において存在するというのが三位一体であるが、その第二位格の子が、ナザレのイエスという歴史的人間性をとったという教理をいう。託身。インカーネーション。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の受肉の言及

【キリスト教】より

…キリスト教は〈愛の宗教〉と呼ばれ,実際に〈神は愛である〉(《ヨハネの第1の手紙》4:16)と宣言するが,この愛の原型は十字架につけられたキリストである。さらに十字架は,受肉(托身),三位一体など,キリスト教の中心的な神秘を予想し,復活の信仰と結びつく。キリスト信者とは自分の十字架を担ってキリストに従う者にほかならない。…

【肉】より

… 肉と霊,肉体と精神の二元論は宗教が成立する基盤である。イエスの生誕を〈受肉〉と言うキリスト教のカトリックの教義には七つの秘跡(サクラメント)があり,その一つが聖体または聖餐の秘跡である。別名〈肉と血の秘跡〉で,信者がキリストの肉と血を象徴するパンとブドウ酒を受けることをいい,新約聖書にあるように,キリストが〈最後の晩餐〉のときにこれを定めたとされる。…

※「受肉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android