コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神宮徴古館 農業館 じんぐうちょうこかん のうぎょうかん

1件 の用語解説(神宮徴古館 農業館の意味・用語解説を検索)

日本の美術館・博物館INDEXの解説

じんぐうちょうこかん のうぎょうかん 【神宮徴古館 農業館】

三重県伊勢市にある総合博物館。明治24年(1891)「農業館」創立。同42年(1909)「徴古館」創立。同44年(1911)より統一され現名称。徴古館では式年遷宮御料の神宝類や社殿建築模型、神宮崇敬の歴史資料などを収蔵・展示。農業館では神嘗祭(かんなめさい)奉納の稲束などの皇室御下賜品、神宮御料池の関連資料などを収蔵・展示する。
URL:http://www.isejingu.or.jp/museum/chokokan/
住所:〒516-0016 三重県伊勢市神田久志本町1754-1
電話:0596-22-1700

出典|講談社
©KODANSHA
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神宮徴古館 農業館の関連キーワード三重県伊勢市浦口三重県伊勢市岡本三重県伊勢市河崎三重県伊勢市曽祢三重県伊勢市常磐三重県伊勢市中島三重県伊勢市中之町三重県伊勢市宮川三重県伊勢市宮後三重県伊勢市宮町

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神宮徴古館 農業館の関連情報