コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神嘗祭 かんなめさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神嘗祭
かんなめさい

天皇がその年の新穀伊勢神宮に奉る祭儀。かんなめのまつり,かんにえのまつりともいう。養老5 (721) 年に始り,10月 17日を恒例とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんなめ‐さい【神×嘗祭】

毎年秋、天皇が新穀でつくった神酒と神饌(しんせん)伊勢神宮に奉る祭儀。古くは、陰暦9月17日、明治12年(1879)以降は10月17日に行われるようになった。もと、国祭日。かんなめのまつり。かんにえのまつり。しんじょうさい。 秋》

しんじょう‐さい〔シンジヤウ‐〕【神×嘗祭】

かんなめさい(神嘗祭)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

神嘗祭【かんなめさい】

10月17日(古くは9月17日)に行われる伊勢神宮大祭三時祭の一つ,祭祀者の天皇が天照大神(あまてらすおおかみ)に新穀を奉る祭で,親祭の代りに勅使を派遣し幣物を進献する。
→関連項目皇室祭祀

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんなめさい【神嘗祭】

天皇がその年に収穫した新穀を伊勢神宮すなわち天照大神に奉る祭り。神宮では,6月と12月の月次祭とともに三節祭三時祭といわれ最重の厳儀とされている。カムナメはカムニヘの転訛であるという。神祇令には季秋(旧暦9月)の祭祀として定められ,721年(養老5)9月11日に元正天皇が伊勢神宮に使を遣わして幣帛(へいはく)を奉ってより,つねにこの日に幣帛使が遣わされた。これを例幣使といい,五位以上の諸王の中から選ばれ中臣・忌部らの官人がそえられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんなめさい【神嘗祭】

皇室の大祭の一。天皇がその年にとれた新しい米を伊勢神宮に奉る祭りで、10月17日に行われる。もと国祭日。現在は宮中だけの行事。かんなめのまつり。かんにえのまつり。しんじょうさい。

かんにえのまつり【神嘗祭】

神嘗祭かんなめさい 」に同じ。

しんじょうさい【神嘗祭】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神嘗祭
かんなめさい

「しんじょうさい」「かんにえのまつり」ともいう。毎年10月15~17日に行われる、伊勢(いせ)神宮の年中行事きっての大祭。天照大御神(あまてらすおおみかみ)が天上の高天原(たかまがはら)において、新嘗を食したとの神話に由来し、その年に収穫した新穀を由貴(ゆき)(清浄な、穢(けがれ)のないという意)の大御饌(おおみけ)として、大御神に奉る祭りである。鎮座以来の由緒をもち、八握穂(やつかほ)にまつわる真名鶴(まなづる)伝説、五十鈴(いすず)川のほとり家田(やた)の御常供田(みじょうくでん)などの伝承に彩られている。『大宝令(たいほうりょう)』には国家の常典としてみえ、『延喜式(えんぎしき)』にも践祚大嘗祭(せんそだいじょうさい)に次ぐ中祀(ちゅうし)と定められた国家的な重儀である。祭儀の次第は、豊受(とようけ)大神宮(外宮(げくう))では10月15日宵と16日暁に由貴大御饌が供進され、16日正午に勅使が参向して幣帛(へいはく)を奉納し、その夕には御神楽(みかぐら)が奏せられる。皇大(こうたい)神宮(内宮(ないくう))では1日遅れて、それぞれの儀が執り行われる。幣帛奉納の儀は元正(げんしょう)天皇(在位715~724)代にさかのぼり、後土御門(ごつちみかど)天皇(在位1464~1500)のときに中絶したが、後光明(ごこうみょう)天皇(在位1643~54)によって再興された。また孝明(こうめい)天皇の1864年(元治1)には、荷前調絹(のざきのみつぎのきぬ)や幣馬が奉納される運びとなった。この神嘗祭の当日、皇室においては天皇の神宮御遙拝(ごようはい)があり、賢所(かしこどころ)で親祭が行われる。第二次世界大戦前には国の大祭日とされていた。[中西正幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の神嘗祭の言及

【秋祭】より

…旧暦2月から4月の春祭に対し,秋祭は旧暦9月から11月にかけて行われている。宮廷祭祀では,新穀を神に献上する伊勢神宮の神嘗祭(かんなめさい)が旧暦9月(現在は10月),天皇が神に新穀をすすめ感謝の祭りをし,新穀を食する新嘗祭(にいなめさい)が旧暦11月に行われる。一方民間では,田にあって農耕を守った神が,秋の収穫祭を境に人里離れた山に去る山送りの習俗が全国的に残されている。…

【皇室祭祀】より

…祭祀令は,皇室の祭祀を大祭と小祭に分け,大祭は天皇みずから祭典を行い,小祭は掌典長が祭典を執行し,天皇が拝礼するものと定めている。
[大祭]
 1月3日の元始(げんし)祭,2月11日の紀元節祭,春分の日の春季皇霊祭・同神殿祭,4月3日の神武天皇祭,秋分の日の秋季皇霊祭・同神殿祭,10月17日の神嘗(かんなめ)祭,11月23~24日の新嘗(にいなめ)祭,および先帝祭(毎年の命日),先帝以前3代の式年祭(没後満3,5,10,20,30,40,50,100年,以後100年ごとの命日),先后の式年祭,母后の式年祭が大祭である。このうち神嘗祭と新嘗祭以外は,みな明治以後に創制されたものである。…

※「神嘗祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神嘗祭の関連キーワード神宮徴古館 農業館黒酒・白酒三節の祭り伊勢例幣使遷宮・遷座宮中祭祀四姓の使浦田長民宮中三殿離宮院跡宮澤正明伊勢の使三節の祭神嘗の祭伊勢使祝祭日手水鉢収穫祭新嘗祭懸け税

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神嘗祭の関連情報