コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神御衣の使 カムミソノツカイ

大辞林 第三版の解説

かむみそのつかい【神御衣の使】

古代、大嘗祭だいじようさいの時、神祇じんぎ官の命を受け、神服を織る長おさと織女一〇人を連れて上京した三河国神服社の神主。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

神御衣の使の関連キーワード神祇官大嘗祭