コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神服 しんぷく

大辞林 第三版の解説

しんぷく【神服】

〔「じんぷく」 「じんぶく」とも〕
神事に着る服。祭服。
神の料として神に献上する衣服。かんみそ。
大嘗祭だいじようさいのとき、神に献上する衣服。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

神服の関連キーワード京都府京都市左京区下鴨泉川町三重県松阪市大垣内町鶴岡八幡宮境内神御衣の使神御衣祭神衣祭平胤満祭服服部衣服神宝斎場

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android