神男女狂鬼(読み)シンナンニョキョウキ

とっさの日本語便利帳の解説

神男女狂鬼

現在、上演演目は二三五番で、脇能(わきのう)物、修羅物、鬘(かずら)物、雑能(ぞうのう)物、切能(きりのう)物に分かれている。神・男・女・狂・鬼とは、これらの能の主役たちの俗称。象徴的にいい表している。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android