コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切能/尾能 キリノウ

デジタル大辞泉の解説

きり‐のう【切能/尾能】

能で、1日の番組の最後に演じる能。普通は、五番立てで正式に演じる場合の五番目の曲種の五番目物)をいう。切(き)り。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きりのう【切能】

能の種別の名。一日の番組の最後に置かれる能の意で,五番目物別称。すべてに太鼓が加わり,速いテンポで演じる。《是界(ぜがい)》《第六天》《舎利》《大江山》《土蜘蛛(つちぐも)》《紅葉狩》など,害意を持つ鬼や天狗が相手役と闘争して敗れ去るというストーリーの諸曲や,地獄の鬼・竜神の類が登場する《野守(のもり)》《鍾馗(しようき)》《鵜飼》《春日竜神》,畜類が主人公の夢幻能《鵺(ぬえ)》《殺生石》などがあり,強烈なエネルギーを持った超現実的存在が活躍するのが特色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

切能/尾能の関連キーワード土蜘蛛(日本史)鞍馬天狗(能)能現行曲一覧切り・限り神男女狂鬼鞍馬天狗四番目物羅生門船弁慶小飛出付祝言猩々飛出鬼物黒塚尾能切り山姥謡曲石橋

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android