修羅物(読み)しゅらもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

修羅物
しゅらもの

能楽の曲目の分類の一つ。五番立では,神,男,女,狂,鬼の男にあたり,2番目に演じられるところから,二番目物という。合戦により,死後修羅道に落ちて苦しむという構想。『平家物語』などに取材したもので,『田村』『八島』『箙 (えびら) 』の勝修羅は,壮年の平太の面で舞い,『忠度』『通盛』『清経』などの平家の公達は中将の面,女修羅の『巴』はただ1人の女性である。老武者の『頼政』『実盛』,前シテが中年の女性,後シテは公達という『朝長』の三修羅は扱いが重く,太鼓入りの異色のものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

修羅物【しゅらもの】

能の曲柄。二番目物とも。源平の武将が,死後修羅道におちて苦しむことを主題とする能。現行16番。《田村》《八島》《箙(えびら)》の勝(かち)修羅3番以外はすべて敗戦を扱う。《忠度》《経政》《敦盛》《通盛》《清経》など浪漫的色彩が濃い。《頼政》《実盛》《朝長》を三修羅といって重く扱う。女修羅に《巴》がある。
→関連項目二番目物八島

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅらもの【修羅物】

能の分類名。修羅は阿修羅の略。世阿弥の伝書に〈修羅・闘諍(とうじよう)〉と熟して用いられているように,もと仏法守護の内道(たとえば凡天,帝釈天等)と仏法障礙(しようげ)の外道(げどう)との争いを描くに発する。鎌倉時代の代表的寺社芸能〈延年〉に原型とみられるものがあり,現行能の《舎利》《第六天》《大会(だいえ)》などは,それに比較的忠実な末流ということができる。世阿弥の執心物,ことに,鬼畜物ではあるが《鵺(ぬえ)》あたりに人間修羅の出現する兆しがあり,直接には,井阿弥(いあみ)の原作を世阿弥が改作した《通盛(みちもり)》に,武者がその執心ゆえに修羅道に落ちて苦しむというパターンが始まる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅらもの【修羅物】

能楽で、武将の霊をシテ(主役)とする曲。修羅能。二番目物。「頼政」「実盛さねもり」「朝長ともなが」を特に三修羅という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅら‐もの【修羅物】

〘名〙 能の曲趣分類の一つ。武将の霊を主人公(シテ)とし、激しい戦乱を素材とする。多くは修羅道におちた主人公が、その苦しみを語り、まねてみせ、脇僧回向をたのむ形をとる。すべて源平の武将(「田村」だけ例外)で、「八島」「忠度」「兼平」「通盛」など。また五番立演能の二番に演じられるので二番目物ともいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の修羅物の言及

【巴】より

二番目物修羅物。作者不明。…

【八島】より

二番目物修羅物。世阿弥時代からある能。…

※「修羅物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android