コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稚児車 チングルマ

デジタル大辞泉の解説

ちん‐ぐるま【児車】

《「ちごぐるま」の音変化》バラ科の小低木。高山の日当たりのよい地に生え、高さ約10センチ。茎は地をはい、葉は羽状複葉。夏、花茎を出して白い5弁花を1個開く。花後、花柱が伸びて羽毛状になる。 夏》「―湿原登路失せやすし/秋桜子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちんぐるま【稚児車】

〔「ちごぐるま」の転〕
バラ科の常緑小低木。高山の日当たりのよい草地や湿地に群生。茎は地をはい、分枝して直立し、頂に羽状複葉を束生。夏、高さ約10センチメートルの花茎の先に白色の五弁花を開く。痩果そうかには花柱がのびた尾状の毛がつき、これが集まって毛髪状をなす。イワグルマ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

稚児車 (チングルマ)

学名:Sieversia pentapetala
植物。バラ科の落葉小低木,高山植物,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

稚児車の関連キーワードチングルマ(稚児車)チングルマ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android