羽状複葉(読み)うじょうふくよう(英語表記)pinnate compound leaf

  • うじょうふくよう ウジャウフクエフ
  • うじょうふくよう〔ウジヤウフクエフ〕

デジタル大辞泉の解説

植物の葉の形態で、小葉が葉軸の左右に羽状に並んでいるもの。フジなど先端にも小葉のつくものを奇数羽状複葉、ソラマメなどつかないものを偶数羽状複葉という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

葉の形態の一。主脈の左右に小葉が羽状に並んでいるもの。頂子葉の有無によって、奇数複葉(バラ・サンショウ・ヌルデなど)と偶数複葉(サイカチ・ソラマメなど)の二型がある。一回羽状複葉。羽状葉。 → 複葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 植物の葉の形態の一種。小葉が葉軸の左右に鳥の羽のように並んだもの。藤、バラなど葉軸の先端に一小葉があるもの(奇数羽状複葉)と、サイカチ、オジギソウなどそうでないもの(偶数羽状複葉)とがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の羽状複葉の言及

【葉】より

…複葉は,葉身が軸とそれから分岐した複数の面とでできているもので,構成にはいろいろのものがある。羽状複葉が最も多い例で,中軸とそれから羽状に分岐した羽軸を基本とする。エンドウのように1回羽状に分岐する複葉や,ナンテンのように2~3回羽状に分岐するものがあり,シダ植物の葉のように4~5回羽状分岐する複葉もある(図2)。…

※「羽状複葉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報