稲挙ぐ(読み)イネアグ

デジタル大辞泉の解説

いね‐あ・ぐ【稲挙ぐ】

[動ガ下二]《動詞「い(寝)ぬ」(下二)の連用形「いね」に掛けて、正月に用いる忌み詞》起きる。 新年》稲積む
「―・げよ明けて秋の田かかる代に」〈七車〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いねあぐ【稲挙ぐ】

〔正月に「寝ぬ(=寝ル)」という言葉を忌み避けて「稲積む」といったことから〕
正月に、起きることをいった語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ご当地マンホール

日本全国各地に設置されている、その地域の名物や名所、ゆかりのある人物などがデザインされたマンホール蓋のこと。1977年に沖縄県那覇市で設置された、魚の群れをあしらった柄のものが初とされる。その後、全国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android