稲頭・科頭(読み)いなむら

精選版 日本国語大辞典の解説

いな‐むら【稲頭・科頭】

〘名〙 稲の茎で編み、冬季、雪、霜除けのために庭の樹木などにかぶせるもの。
※俳諧・続虚栗(1687)冬「雪深し科頭(イナムラ)匂ふそのの梅〈鉤雪〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android