コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霜除け シモヨケ

デジタル大辞泉の解説

しも‐よけ【霜除け】

冬、霜の害を防ぐために、こも・縄・わらなどで作物や樹木を覆うこと。また、その覆い。霜がこい。霜おおい。 冬》「母親を―にして寝た子かな/一茶

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しもよけ【霜除け】

作物や植木などを霜の害から守るために、藁わらなどで覆いをすること。また、その覆い。しもがこい。しもおおい。 [季] 冬。 《 大寺や-しつる芭蕉林 /村上鬼城 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霜除け
しもよけ

野菜や草花などを凍害や寒害から守り、露地で越冬させるための方法。南側をあけたよしずの片屋根をつくったり、株間に敷き藁(わら)をしたり、ササやタケを立てて、熱の放射と冷却を防ぐ。果樹や灌木(かんぼく)を俵や藁で包む場合もある。[安藤隆夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

霜除けの関連キーワード村上鬼城

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android