コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂掛(け)/穂懸(け) ホカケ

デジタル大辞泉の解説

ほ‐かけ【穂掛(け)/穂懸(け)】

稲の初穂を田の神氏神などに供える行事。 秋》
刈った稲を、稲架(はさ)にかけること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

穂掛(け)/穂懸(け)の関連キーワード田の実の祝い・田の実の祝・憑の祝い年中行事(ねんじゅうぎょうじ)穂掛け・穂掛田の実の祝農耕儀礼稲作儀礼しきょま焼き米穂掛祭収穫祭稲架初穂月見八朔節供

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android