コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穴蜂 アナバチ

デジタル大辞泉の解説

あな‐ばち【穴蜂】

ジガバチ科アナバチ属の蜂の総称。地中に穴を掘ったり竹筒を利用したりして巣を作り、キリギリスなどの虫を捕らえて幼虫のえさに蓄える。ゆするばち

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あなばち【穴蜂】

ハチ目ジガバチ科に属する大形のハチの一群。体長3センチメートル 内外。土中や朽ち木に穴を掘ったり、竹筒や樹木の孔あななどを利用して営巣する。キリギリス類・アワフキムシ類・アブラムシ類などを毒針で刺して麻痺させ、巣へ運搬して幼虫の餌えさとする。 [季] 春。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

穴蜂 (アナバチ)

動物。アナバチ科の総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

穴蜂の関連キーワード土蜂動物樹木一群土中内外毒針

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android