コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空洞化 クウドウカ

デジタル大辞泉の解説

くうどう‐か〔‐クワ〕【空洞化】

[名](スル)
中央部が空虚になること。周辺部を残して中心部が欠落すること。「地価上昇による都市の空洞化」「脳組織が空洞化する」
実質を失い、外形だけが残ること。「産業の空洞化」「制度が空洞化する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くうどうか【空洞化】

都市の中心部の地価高騰や環境悪化などにより、その居住人口が減っていくこと。 → ドーナツ現象
国内の産業が、為替の変動、許認可による規制、人件費の高騰などにより、他国に生産拠点などを移し、結果として自国内の産業が衰退すること。
形式だけが残り、実質が失われること。 「規制の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

空洞化の関連キーワードポスト京都議定書の新体制作りピースおおさかと改装計画イオンモールの増床計画根腐病(トウモロコシ)国の中心市街地活性化策ブデンブローク家の人々県商業まちづくり条例中心市街地の活性化田畑永代売買禁止令改正まちづくり3法独立・自主管理労組コンパクトシティ大型店の出店規制学校の少子化対策国会答弁資料作成高層住居誘導地区国際船舶登録制度国民年金空洞化オプト・アウトドーナツ化現象

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空洞化の関連情報