空洞化(読み)クウドウカ

デジタル大辞泉の解説

くうどう‐か〔‐クワ〕【空洞化】

[名](スル)
中央部が空虚になること。周辺部を残して中心部が欠落すること。「地価上昇による都市の空洞化」「脳組織が空洞化する」
実質を失い、外形だけが残ること。「産業の空洞化」「制度が空洞化する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くうどうか【空洞化】

都市の中心部の地価高騰や環境悪化などにより、その居住人口が減っていくこと。 → ドーナツ現象
国内の産業が、為替の変動、許認可による規制、人件費の高騰などにより、他国に生産拠点などを移し、結果として自国内の産業が衰退すること。
形式だけが残り、実質が失われること。 「規制の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空洞化の関連情報