実質(読み)じっしつ

精選版 日本国語大辞典「実質」の解説

じっ‐しつ【実質】

〘名〙
際に備わっている性質や内容
※福翁百話(1897)〈福沢諭吉〉一〇〇「精神百般の病症を診察し其実質(ジッシツ)に照応する中枢の処」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉九「彼の頭脳が不透不明の実質から構成されてゐて」
② 固体のこと。
※博物新編訳解(1868‐70)〈大森秀三訳〉一「三質は何とかする。虚質実質浮質なり。各の気を虚質とす。堅き物を実質とす。水の類を浮質とす。天下の万類三質に外ならず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「実質」の解説

じっ‐しつ【実質】

実際に事物に備わっている内容や性質。「形式ばかりで実質が伴わない」⇔形式
臓器の本来の生理機能を営む組織。→間質かんしつ
[補説]「実質的に」の意で、副詞的に用いられることもある。「両者は実質同じと考えられる」
[類語]内容中身実体内実じつ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android