空白恐怖症(読み)クウハクキョウフショウ

デジタル大辞泉の解説

くうはく‐きょうふしょう〔‐キヨウフシヤウ〕【空白恐怖症】

スケジュール帳に空白が多く、予定が記入されていない状態に不安を感じること。そういう気持ちになることを病気の症状になぞらえた言葉。
漫画やイラストで、細部まできわめて緻密に描き込むことの多い作家の画風を、病状になぞらえた言葉。普通、スクリーントーングラフィックソフトなどを用いない手描きの絵について言う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

空白恐怖症

自身の予定や仕事などがないときに、忙しく見せようと偽の予定や仕事を入れるなどして、スケジュール帳が空白になることを恐れること。俗称であり、医学的に定義される恐怖症とは異なる。2018年、小学館の国語辞典大辞泉」編集部が編集した「大辞泉が選ぶ新語大賞」で大賞に選ばれた。

(2018-12-13)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空白恐怖症の関連情報