空蝉の世(読み)うつせみのよ

精選版 日本国語大辞典「空蝉の世」の解説

うつせみ【空蝉】 の 世(よ)

① この世。現世。人の世。
万葉(8C後)三・四六五「虚蝉之代(うつせみのよ)なしと知るものを秋風寒み偲(しの)びつるかも」
※万葉(8C後)四・七三三「空蝉乃代(うつせみノよ)やも二(ふた)行く何すとか妹に逢はずて吾(あ)が独り寝む」
② (「うつせみ」を「空蝉」「虚蝉」などと表記してきたところから仏教の無常感と結び付いて) はかないこの世。
古今(905‐914)春下・七三「うつせみの世にもにたるか花ざくらさくとみしまにかつちりにけり〈よみ人しらず〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android