現世(読み)ゲンセ

大辞林 第三版の解説

うつしよ【現世】

この世。げんせ。

げんせ【現世】

〘仏〙 〔「げんぜ」とも。「現在世」の略〕 三世の一。この世。現在の世。現在、生きている世界。現生。現在生しよう。げんせい。 → 過去世未来世前世後世ごせ
[句項目] 現世安穏後生善処

げんせい【現世】

げんせ(現世)」に同じ。
完新世かんしんせい」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うつし‐よ【現世】

〘名〙 この世。げんせ。⇔隠世(かくりよ)
※無弦弓(1901)〈河井酔茗〉こざくら「吾子よかへれ うつし世に 花は根になる はるのくれ」

げん‐せ【現世】

〘名〙 (「現在世」の略。古くは、また仏語では「げんぜ」) 現在の世の中。今の世。生を受けている現実の世。特に仏教では三世の一つで、前世、来世に対して用いる。現生(げんしょう)。現。げんせい。
※観智院本三宝絵(984)下「現世の父母のためにもせば命百年にして病なく」
※栄花(1028‐92頃)うたがひ「現世は御寿命延び、後生は極楽の上品上生に上らせ給べきなり」 〔法華経‐普賢菩薩勧発品〕

げん‐せい【現世】

〘名〙
② 新生代第四紀の更新世に続く、地質時代の最後の世。完新世、沖積世とも呼ばれるが、一般にはその末期をさす。今から約一~一・七万年前までの時代で、人類の歴史による区分ではほぼ新石器時代に相当。造山運動、火山活動、氷河現象などの名残がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の現世の言及

【沖積世】より

…地質時代区分の一つ。完新世Holocene,あるいは現世Recentと同義である。第四紀を2分した後期の時代で,約1万年前から現在までを含んでいる。…

※「現世」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

現世の関連情報