コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現世 ゲンセ

百科事典マイペディアの解説

現世【げんせい】

完新世

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

うつしよ【現世】

この世。げんせ。

げんせ【現世】

〘仏〙 〔「げんぜ」とも。「現在世」の略〕 三世の一。この世。現在の世。現在、生きている世界。現生。現在生しよう。げんせい。 → 過去世未来世前世後世ごせ
[句項目]

げんせい【現世】

げんせ(現世) 」に同じ。
完新世かんしんせい 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の現世の言及

【沖積世】より

…地質時代区分の一つ。完新世Holocene,あるいは現世Recentと同義である。第四紀を2分した後期の時代で,約1万年前から現在までを含んでいる。…

※「現世」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

現世の関連キーワード現世安穏後生善処夫婦は二世師弟は三世生得の報い修羅の妄執一世の縁宿執開発此土入聖未了の因現世主義即身菩提滅罪生善業を曝す現し世過去世浮遊霊過現未俗世界仮の世順現業

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

現世の関連情報