空蝉(読み)ウツセミ

デジタル大辞泉「空蝉」の解説

うつせみ【×蝉】

《「うつしおみ」が「うつそみ」を経て音変化したもの》
この世に現に生きている人。転じて、この世。うつしみ。
「いにしへもしかにあれこそ―も妻を争ふらしき」〈・一三〉
《「空蝉」「虚蝉」などの字を当てたところから》蝉の抜け殻。また、蝉。 夏》「―を妹が手にせり欲しと思ふ/誓子
「―の身をかへてける木(こ)のもとになほ人がらのなつかしきかな」〈・空蝉〉
[補説]作品名別項。→空蝉

うつせみ【空蝉】[巻名]

源氏物語第3巻の巻名。光源氏17歳。源氏空蝉の寝所に忍びこむが拒まれることなどを描く。
源氏物語の登場人物。衛門督(えもんのかみ)の娘。伊予介(いよのすけ)の後妻。源氏の贈ったによってこの名がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android