コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空蝉 ウツセミ

デジタル大辞泉の解説

うつせみ【×蝉】

《「うつしおみ」が「うつそみ」を経て音変化したもの》
この世に現に生きている人。転じて、この世。うつしみ。
「いにしへもしかにあれこそ―も妻を争ふらしき」〈・一三〉
《「空蝉」「虚蝉」などの字を当てたところから》蝉の抜け殻。また、蝉。 夏》「―を妹が手にせり欲しと思ふ/誓子
「―の身をかへてける木(こ)のもとになほ人がらのなつかしきかな」〈蝉〉
[補説]作品名別項。→空蝉

うつせみ【空蝉】[巻名]

源氏物語第3巻の巻名。光源氏17歳。源氏が空蝉の寝所に忍びこむが拒まれることなどを描く。
源氏物語の登場人物。衛門督(えもんのかみ)の娘。伊予介(いよのすけ)の後妻。源氏の贈った歌によってこの名がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

空蝉の関連キーワードキョウリュウゴールド在りしながら澤田ふじ子戯ればむ掻い添ふ賑ははし北島検校千葉葛野丸山敦史静寛院宮思ひ果つ眺め勝ち指し延ふ這ひ紛るそそろか目留む現そみ静まる額付き片つ方

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空蝉の関連情報