コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空間赤変 くうかんせきへんreddening

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空間赤変
くうかんせきへん
reddening

星はそのスペクトル型によっていくつかに分類されているが,一般にその星の属するスペクトル型から考えられる色よりも赤く見える。これを空間赤変という。これはその星と地球との間に存在する宇宙塵によって青い光が赤い光よりも多く吸収散乱されるからで,夕陽が赤く見えるのと同じ現象と考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android