立(ち)入り(読み)タチイリ

デジタル大辞泉の解説

たち‐いり【立(ち)入り】

たちいること。中にはいること。「部外者の―を禁ずる」
その家に親しく出入りすること。また、その人。
立入検査」「立入調査」の略。
江戸時代、大坂の諸大名蔵屋敷に出入りして御用をつとめた商人。御立入(おたちいり)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立(ち)入りの関連情報