立心偏(読み)リッシンベン

デジタル大辞泉の解説

りっしん‐べん【立心偏】

漢字のの一。「性」「」などの「忄」の称。「忄」は「心」の字を立てて偏にしたもので、「⺗(したごころ)」とともに「心」の部首に属する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りっしんべん【立心偏】

漢字の偏の一。「情」「怪」などの「忄」の部分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りっしん‐べん【立心偏】

〘名〙 漢字の偏の一つ。「」「快」「情」などの「忄」の部分をいう。この偏をもつ字は、字典で心部に属する。りしんべん。〔天正十七年本運歩色葉(1589)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android