コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立法者意思説 りっぽうしゃいしせつWille des Gesetzgebers

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立法者意思説
りっぽうしゃいしせつ
Wille des Gesetzgebers

法律制定当時の立法者の主観的意思を探求し,再現することが法の解釈の目的であるとする説。法典の理由書,草案,議事録,起草委員の説明書などの資料によって,「立法者の意思」を推測するが,こうした資料から制定者の意思を明確にすることが困難な場合もある。今日では成立した法は客観的なものとなり,法解釈者は立法者の意思に拘束されないと解するのが妥当とされているので,参考資料としての役割を果しているにすぎない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android