コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜灯 リュウトウ

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐とう【竜灯】

夜、海上に光が連なって見える現象。竜神が神仏にささげる灯火と言い伝えられるところからの名。不知火(しらぬい)。 秋》
神社に奉納する灯火

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の竜灯の言及

【八海山】より

…前者の山麓部を中心とする山の神信仰は,登拝口にある里宮を中心に,作神として信仰されているが,なかでも山中に散在する多数の池を中心とする水分(みくまり)信仰が顕著である。また,旧暦の八朔(はつさく)の登拝(現,9月1日)と祭り,それに付随する竜灯(竜神が神仏にささげる火と説かれる怪火現象)伝承なども注目される。【宮本 袈裟雄】。…

※「竜灯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竜灯の関連キーワード不知火(漁火の異常屈折現象)天灯鬼・天燈鬼鎌倉彫刻黄金の鉈森川杜園しらぬい天灯鬼不知火竜神マツ慶派神仏康弁

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android