コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端歌物 ハウタモノ

大辞林 第三版の解説

はうたもの【端歌物】

地歌の一種。三味線組歌・長歌物の次に発生した、自由な曲風の歌。「雪」「黒髪」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

端歌物の関連キーワード新娘道成寺三味線組歌小簾の戸竹生島物鶴山勾当ままの川富岡検校峰崎勾当上方端歌薩摩琵琶上方舞高砂物茶音頭手事物三下り端唄段物万歳歌物地歌

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android