詞章(読み)ししょう

精選版 日本国語大辞典「詞章」の解説

し‐しょう ‥シャウ【詞章】

〘名〙
田氏家集(892頃)中・衙後晩望吟懐「外吏三余無暇日、且因衙退
※授業編(1783)序説経義をさしをきて詞章(シシャウ)をもっぱらにせん事をおそるる」 〔韓愈‐柳子厚墓誌銘〕
浄瑠璃など演劇的作品の文章。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「詞章」の解説

【詞章】ししよう(しやう)

詩文〔柳子厚墓誌銘〕閑に居りて自らし、紀覽を務め、詞を爲(つく)り、汎濫停にして涯(がいし)無きを爲す。

字通「詞」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android